銀行カードローンも総量規制の対象となる可能性があります

      銀行カードローンも総量規制の対象となる可能性があります はコメントを受け付けていません。

最近銀行カードローンの融資残高が消費者金融のそれを上回り、銀行が安易に貸し過ぎていると批判を浴びました。それを受けて銀行側は、収入証明書の提出を200~300万円までは必要ないとしていたところを、消費者金融のように50万円超から必要と変更した銀行が増えたのです。

銀行カードローンが人気となった理由は、総量規制の対象外ということが大きいです。年収の3分の1までという縛りがないので、たくさんの融資が受けられる可能性があります。しかも消費者金融よりもかなりの低金利なところも魅力です。さらに専業主婦の方は消費者金融では借りられないので、銀行カードローンの需要が増えます。こうした理由が相まって、銀行カードローンの利用者が爆発的に増えたのです。

そもそも貸金業法が改正され総量規制が規定された2010年には、銀行カードローンはほとんど存在しませんでした。消費者金融や信販会社のことをノンバンクと呼び、銀行とは区分していたからです。総量規制により大ダメージを受けた消費者金融や信販会社を尻目に、銀行法の適用を受ける銀行カードローンは一気に需要を伸ばしていったというわけです。最近は自己破産者も増えつつあるので、銀行カードローンもそのうち総量規制の対象となるかもしれません。