専業主婦(主夫)が借入先を検討する際のポイントとは?

      専業主婦(主夫)が借入先を検討する際のポイントとは? はコメントを受け付けていません。

銀行カードローンは、専業主婦(主夫)でも配偶者に安定した収入があれば契約が可能であり、契約者本人および配偶者の所得証明書類の提出が不要になっています。では、消費者金融のキャシングの場合、何故専業主婦の場合は契約出来ないのかと言うと、貸金業法そしてその中の総量規制によって規制されているためです。

貸金業法に於いては、契約者本人に安定した収入があるということが必要条件となっており、収入の無い専業主婦は年収がゼロであり、年収の1/3といってもゼロのままになります。結果、法規制により専業主婦自身が契約出来ないということになります。

ですが、総量規制の例外もあり、配偶者貸付制度により契約者本人と配偶者の年収の1/3までの契約が可能になっています。結果として、銀行カードローンは総量規制対象外、配偶者貸付は総量規制の例外ということを覚えておくことがポイントになります。

例えば、専業主婦がインターネットを利用し借入先を検討する際は、『配偶者貸付』や『総量規制の例外』といった条件で検索することが重要になります。大手消費者金融の場合、配偶者貸付には対応しておらず、中小消費者金融から契約先を検討する必要があります。ですが、実際に配偶者貸付に対応している中小消費者金融は限定されてしまい、インターネット検索でする際は適切な検索ワードを選ぶ必要があります。

また、借入先に該当しない会社を覚えておくことも便利な方法であり、『大手消費者金融』、『信販会社』および『クレジットカード会社』は利用出来ないと認識しておくだけでも十分です。

総量規制の対象外や例外といった言葉は専門的な部分があり、しっかりと調べない限り無駄な審査申し込みをしてしまう結果となり、個人信用情報にダメージを与えるリスクともなってしまいます。そのため、キャッシング契約を検討する際は、どんな会社から借り入れ出来ないのか知識を得ることをおすすめします。