銀行カードローンの自主規制によってキャッシングは全て総量規制対象になったと考えられます

      銀行カードローンの自主規制によってキャッシングは全て総量規制対象になったと考えられます はコメントを受け付けていません。

銀行カードローンは貸金業者とは規制される法律が違うので、貸金業者に総量規制が適用されることになっても銀行カードローンは総量規制対象外になっていました。

しかし、過剰融資問題を契機として法的な規制はまだされていないものの、銀行は全国銀行協会を中心として自主規制を導入しました。自主規制ですからそれぞれの銀行によって内容は違っていますが、メガバンクを中心とした銀行の自主規制を見てみますと、概ね貸金業者に適用されている総量規制に沿った自主規制が実施されています。

このことによって銀行カードローンも貸金業者と同じように総量規制対象になったと実質的には考えていいのではないでしょうか。つまり銀行カードローンも貸金業者のキャッシングも審査の面においては、また同じ土俵の上に立つことになったと言えるかもしれません。