総量規制の対象と対象外の違いとは

      総量規制の対象と対象外の違いとは はコメントを受け付けていません。

お金を借りることのできるところといえば、銀行や信用金庫などの銀行カードローン、消費者金融、クレジット会社、信販会社などのノンバンクです。ノンバンクとは預金業務を行っておらず、貸金業のみを行っているところです。銀行は銀行法、ノンバンクは貸金業法に基づいて運営されています。

貸金業法が改正されて、総量規制が導入されました。総量規制とは年収の3分の1以上の借り入れが規制されるものです。例えば、年収が300万円の人は100万円以上の借り入れができないということになります。それ以上借り入れをしたい場合は困ってしまいますよね。

総量規制は貸金業法に基づいて運営されているノンバンクが対象なので、銀行法に基づいて運営されている銀行は総量規制の対象外となっています。もし年収300万円の人が100万円以上の借り入れをしたい場合は銀行のカードローンに申し込んだほうがよいということになります。ただし、銀行のカードローンの審査は消費者金融よりも厳しくなっているので審査に通らない可能性もあります。