家計簿ナシでも!週・月に稼働したお金を見える可!

      家計簿ナシでも!週・月に稼働したお金を見える可! はコメントを受け付けていません。

あれ?この前お金下ろしたばかりなのにもうこれしか無い・・・?レシートも捨てちゃったから何に使ったのかもわからない・・・。

家計簿をつける程マメじゃないし、てかそもそも時間が無い!

そんなアナタにオススメの節約術があります。

貯蓄の第一歩は、使えるお金・使ったお金の「見える可」から!

給料日になったら、ひと月の予算額を下ろしてそれでやりくりする。というのが一般的な家計運営の方法かと思いますが、

「ひと月」って、以外と長く無いですか・・・?出費が多い月は、次の給料日まで残り何日か指折り数えたり、止むを得ず貯金から下ろしてしまったり。なんてことも。

一ヶ月が長いと感じるならば、週ごとに短く区切って考えれば以外と苦しくなく一ヶ月を終えられます。

①まず一ヶ月に使う額を決める

  例:4万円

②一週間ごとに封筒や小分けファイルに分ける

  例:1週間1万円

③開始曜日を決める

  例:月曜日

④次の開始曜日の前日に余ったお金を封筒やファイルに戻す

  例:日曜日、3000円余ったので戻す

⑤ ①?④を繰り返し、一ヶ月の終わりに集計する。

こうすることで、2週目は結構出費が少なくいくら余った・4週目は出費が多かったから2週目に余った分から補填した、

など、ひと月の中でお金がどう動いたのかを知ることができます。

家計簿をつけて、何にいくらかかったのかなどの詳細がわかれば尚いいのかもしれませんが、

初心者に家計簿はなかなか難易度が高いので、まずはお金の動きを見ることから始めましょう。

無駄遣いもしにくくなりますよ。