節約で精神をすり減らすより先取り貯蓄が健康的

      節約で精神をすり減らすより先取り貯蓄が健康的 はコメントを受け付けていません。

厚生年金や健康保険料、税金が引かれて手取り金額が思ったより少なくてがっかりする人も少なくないです。かくいう私もその一人です。

私も手取りが少ないために、節約の工夫をかなり重ねてきました。

例えば使わないところの電気はこまめに消したり、コンセントを抜いたり。エアコンも完全にコンセント抜いたりしていました。

食費に関していえば、スーパーに行って真っ先に見るところは値下げ商品棚。わりと傷んでいないものも安く売られているのでオススメです。

ただ、節約だけに意識を向けていると、楽しめている部分では問題ないのですが、やはりどこかしら我慢をしたり、「制約」というものが付きまとってしまいます。

そうした「制約」に縛られることで、そもそも経済的に自由を感じたいのに、精神がどんどん自由ではなくなっていってしまうという「幸せ」とは程遠い結果に。

こころがツラくなる節約ではなく、楽しくムリなくできる節約だけにとどめて、あとは貯金を楽しくすると、どんどんお金はたまっていきます。

オススメの貯金方法は、給料が入った直後に自動積立で貯金してしまうこと。

勝手に口座から定期預金口座に振り分けてくれるので、1ヶ月で余ったお金を貯金しようというスタイルよりは確実にたまります。

このように先取り貯金をすることで、最初から貯金分のお金が差し引かれた分だけで生活するようになります。

使えるお金が最初から定まっている分、節約も優先的に行う節約、無理をしてまでしなくていい節約、というものが見極めやすくなります。