ふるさと納税の返礼品は生活費の節約にできます

      ふるさと納税の返礼品は生活費の節約にできます はコメントを受け付けていません。

ふるさと納税を始めてから、お米は一度も買っていません。主食が美味しく、お金もかかっていないというのはとても節約が功を奏している実感があります。1kg15?20kgの東北地方のお米に限定しています。食費の中の項目で、単価の高いものを返礼品に選ぶように習慣化しています。

ビール、飲料、果物、肉、魚介類がその代表です。また、冬の外食は鍋物など値段が高くなってしまうのでご馳走用に鍋物のセットも冬は3回ほど頼むことにしています。必ず家族が記憶に残る、味わい深いものを選ぶようにしています。ふるさと納税を勝手に選んで、楽しんでいると思われたくないからです。

節約の一環としてしているので、贅沢品は避けたいところですが、日常的に登場させすぎると贈って来られたものは一体いつ消費しているんだろうと家族が不思議に思います。節約は継続が大切なのです、家族の協力を得るために工夫も必要です。

また、主婦の使うもの例えばキッチン用品を買うと、それを使わない人は不公平感を抱く場合もあるので、家族で1人しか関係のないものに関しては返礼品で頂くようにしています。高還元率の返礼品のチェックもサイトで確認し、コスパが良くなるようにも務めています。