銀行カードローンの即日融資がなくなることで消費者カードローンが増える

      銀行カードローンの即日融資がなくなることで消費者カードローンが増える はコメントを受け付けていません。

2018年1月から銀行カードローンは即日融資ができなくなりました。

ただし消費者金融カードローンでは即日融資について特に変更はされていません。2017年の銀行カードローンの過剰融資問題によって派生してきたと考えられる銀行カードローンの即日融資の停止ですが、即日融資だけではなく銀行の自主規制という形を取りながら、全体的に銀行カードローンの審査は以前と比べて厳しくなってきました。

消費者金融は総量規制に縛られる一方、銀行カードローン銀行は総量規制がないことで貸付残高を増やしてきましたが、これで消費者金融のマイナスが抑えられ、銀行カードローンから消費者カードローンへの利用者の巻き戻しが起こる可能性は高いでしょう。