本人確認の書類の提出だけで済む場合がある

      本人確認の書類の提出だけで済む場合がある はコメントを受け付けていません。

キャッシングの申し込みで必要になる書類は、本人確認の書類と収入の証明ができる書類です。しかし、ほとんどの個人向けのキャッシングは、本人と確認できる書類のみで借入ができるようになっています。

条件としては、事業の規模や証明が難しい自営業やフリーランスでなく会社勤めをしていること、他の金融機関やクレジットカードのキャッシングを合算して100万円を超える借入利用をしていないこと等があり、借入希望額が50万円以内であれば収入を証明する書類を不要とする金融機関が多いです。パートやアルバイト勤務の方も対象となります。

急な出費で手続きを急ぐ場合に、給与明細書や源泉徴収票を用意するのは大変です。消費者金融では運転免許証やマイナンバーカード等の写真付きの証明書があれば、インターネットや契約機を利用して申し込みと書類の提出ができるので、審査が迅速に進み即日での借入も可能になる場合があります。