現在の取立てはカウンセリングに近い

      現在の取立てはカウンセリングに近い はコメントを受け付けていません。

現代の取立てというのは、どちらかというとカウンセリングに近いレベルです。

貸金業法などで、取立ての方法が厳しくなっている状況の中、対応というのもかなり穏当になってきており、言葉の使い方や態度によって相手を傷つけないで何とかお金を回収するためのお願いをしたり、相手の悩みにのって相談をするようなことをしたりと、何か時を使って相手の立場にたって取立てなどをしている状況です。

場合によっては、借金とは関係のない話を聞いてあげたりともはやカウンセリングなどといったことの代わりのようになっているという話もあります。

昔のような怖い取立てというのはもはや夢のようなくらい、現代では取り立て方法も変わってきているといえるようです。