カードローンの増額申込みは仕組みを理解できるまで待つ

      カードローンの増額申込みは仕組みを理解できるまで待つ はコメントを受け付けていません。

カードローンを利用していると、審査通過を優先するために初回契約時には希望利用額を低く申告して、あまり利用限度額が大きくない状態で契約している人も少なくありません。利用規約を確認すると、半年から1年以上滞納せずに返済を続ければ、増額申込みが出来ると記載されています。

そこで、利用限度額を増やすために増額申込みを積極的に行いたいと考えて、すぐに増額申込みをしようとする人もいるでしょう。しかし、増額申込みという名称とは裏腹に、金融業者から見た時には増額申込みでは無いという事実を知ると、事前準備が必要だと分かるはずです。

金融業者の立場から見ると、増額申込みという形で受付しても、新規に準ずる審査を再度行なうといった意味合いにすぎません。一度設定されている利用限度額を無くして、今までの利用限度額を考慮することなく、取引実績と信用履歴を再度調査した上で新しい利用限度額設定を行なうわけです。

今までの利用限度額設定を一度無くしてから再審査しているので、カードローンの利用限度額増額出来たかどうかは、利用者にとってのみ捉えられるものであって、金融業者から見ると新たに設定しただけという認識となります。カードローンの増額申込みは、利用者と金融業者で考え方が異なる点を知った上で慎重に申請することが大切です。