カードローンと収入証明書に関わるよもやま話

      カードローンと収入証明書に関わるよもやま話 はコメントを受け付けていません。

銀行カードローンと言えば200万円とか300万円までの融資限度額なら、収入証明書の提出は不要でした。しかし最近は消費者金融と同様に、50万円を越える融資限度額から収入証明書の提出が必要となっています。ちなみに50万円までの融資限度額でも、収入証明書を提出した方が審査に通りやすいですし、融資限度額もアップしがちです。特に自営業者は審査に通りにくいので、自主的に収入証明書を提出した方がいいでしょう。

その収入証明書とは各金融機関によって若干異なりますが、源泉徴収票・課税証明書・確定申告書・特別徴収税額の通知書などです。なおサラリーマンの方なら給与明細でも構いませんが、直近2~3ヶ月分+1年間の賞与明細も必要な場合もあります。

書類が揃わないと融資が受けられないので、前もって用意しておく必要があります。特に自営業者は前年の確定申告書の写しを用意したり、課税証明書は区役所などでもらっておく必要があったりと、何かと手間がかかります。

この収入証明書は本人確認書類と一緒に提出しますが、郵送では即日融資に間に合いません。ですから現在はスマホでそれらを撮影し、メールに添付したりアップロードすることにより送信します。スマホをお持ちでなくても、たいていはFAXで送信できるようになっています。もし自宅にFAXがなくても、コンビニのマルチコピー機からFAXできるので大丈夫です。