所得が低くてもキャッシングができる総量規制対象外の金融機関

      所得が低くてもキャッシングができる総量規制対象外の金融機関 はコメントを受け付けていません。

キャッシングの申し込みをしたいという方の中にはさまざまな事情を抱えている方がいます。

一時的にお金に困っている人に救いの手を差し伸べてくれるキャッシングですが、金融機関が利益優先でどんどん貸し付けを行なうと利用者の返済が大変になり、貸し倒れなどのリスクも出てきます。

グレーゾーン金利で貸し付けを行なっていた頃は借金で首が回らなくなってしまう人も多くいたため、そのような人を減らすために現在、消費者金融では「総量規制」という決まりを設けて利用者によって貸し付けを行なうことのできる金額を制限する決まりが作られました。

これにより消費者金融を利用する人は自身の年収の1/3までしか借り入れを行なうことができなくなったのです。

総量規制により利用者の貸し倒れリスクは軽減したものの、この規制によって利用しづらくなってしまった人々もいます。

それが低所得者や専業主婦の方々です。

とくに専業主婦の方々は自身の年収がない人がほとんどです。

結婚しているため旦那さんに稼ぎがある場合には家庭としてお金がないわけではないものの、あくまで個人単位で判断される現在の総量規制の規則からすると借り入れを行なうことができないのです。

ただしすべての金融機関が総量規制の対象になっているかと言われるとそうではなく、消費者金融と同じような貸し付けサービスを行なっている銀行カードローンは総量規制の対象外となります。

このことからも、専業主婦や所得が低い方がキャッシングを行ないたいという場合には、銀行カードローンを利用することが最も可能性の高い方法と言えます。